骨盤が開く 緩むとは

骨盤が開く、緩むとはなんぞや?

産後の整体を学んで産後の骨盤矯正を学んだのですがイマイチ

わからない事がありました。

よくある骨盤矯正の説明が下の文になります。

妊娠して出産の時期にリラキシンというホルモンが出て骨盤の関節、靭帯が緩みます

緩んでいるので骨盤が歪みやすく

骨盤が歪むと血流が悪くなり、太りやすくなります。

産後の1ヶ月ないし、2ヶ月後から骨盤矯正を始めましょう。

産後は骨盤を整えるチャンスです!

骨盤を整えることでぽっこりお腹も改善します。

骨盤が安定するまでには何回かの矯正が必要です。インナーマッスルが弱っているからです!

一般的なネットにあふれている情報はこんなもんでしょうか

個人的には骨盤矯正ってなんなんだろう?ってところから入っていて

骨盤を矯正するって、、、

ガバッと開いた骨盤を

ぐっと閉めてハイ矯正完了!!!

でもリラキシン出ていて

インナーマッスル弱っていて安定しないから

骨盤が安定するまで通って下さい!

みたいな印象を持っていました

院に来院する方も聞いているとそんなイメージを持たれている様です。

ネットの文章、商品、骨盤矯正のメニューを見ていると

なんか上記のイメージを持ってしまう。

開くってなんなんだろうと最初考えていて

骨盤って上から見て輪っかになっていて

前は恥骨結合、後ろは仙腸関節っていう関節があって

骨盤が開くって

その関節が

パッカーン

と開いてしまうのか?と

いろんな文献見ているけど出産の時に1〜2㎝開くっていうのが

調べていて最高に開いている状態

恥骨結合離開っていう状態なのですが

この状態だと、めちゃくちゃ痛くて歩けないレベルで

仙腸関節で見ても仙腸関節が緩むとはあっても、開く!

とは書いていなくて。

骨盤自体が開いているって事、緩んでいるって事と

ズボンが履けない程の開き骨盤の開きやぽっこりお腹が

その骨盤矯正って言葉に結びつかないなと

骨盤矯正=骨盤の安定、ぽっこりお腹、産後痩せ、を解消する

になっている様な

問い合わせの方もその様な事を求めているのだと感じます。

基本的に産前産後susumu整体院では

動作が辛い、とにかく辛い方にいらしていただいておりますが

皆さん終わった後に

「あれ?お腹が凹んでいる?」

「頼んでいないのにぽっこりお腹が解消している!!!」と

おっしゃっていただく方が沢山いらっしゃいます。

産前産後susumu整体院では

姿勢による、腹腔内の圧力の変化

妊娠中に失われてしまったお腹の機能、骨盤底の機能の再獲得

を行い、骨盤の剛性感を取り戻していただいております。

簡単に書くと、スイッチをONにして身体が働く様にするって事です。

そうすると自ずといい状態に戻って行くのかなと思います。

なので、骨盤を、ぽっこりお腹をどうする?ってことだけじゃなくて総合的に見ています。