産後足の付け根痛いのはなぜか?

こんにちは産前産後susumu整体院の院長國友です。
今日は産後多くいらっしゃる産後の足の付け根の痛みについて解説していきます。

産後足の付け根痛いのはなぜか?

産後足の付け根が痛いのが続いているというお客様は凄く多いです

むしろ妊娠後期から痛くなったという方も多くいらっしゃいます。

多いのが、足を広げるような動作を行うと痛くなる

次に多いのが立ち上がる時に痛い

次に多いのが歩いていても痛い

なぜ痛くなるのか?

よく聞かれるのが

骨盤がグラグラしているからですか?

骨盤が開いているからですか?

少し専門的になるのですができるだけわかりやすく

解説していきたいと思います。

1、なぜ産後に足の付け根が痛くなるのか?

まず痛くなっている所というのが

股関節の前側が痛いという方が多いです。

赤い矢印の所です

結論から言います!

股関節の足の骨が抜けそうになって痛んでいる方が多いです。

股関節というのは前側に抜けるような構造になっていて

そこが、姿勢の変化、骨を引っ張ってくれる筋肉が働かなくなっている状態なので股関節を動かすと抜けそうになり痛みが出ます。

すっぽ抜ける状態とか言っています。

まず、姿勢の変化でなぜ抜けそうになるのか?という事なのですが

骨盤が後傾しスウェイバックになっている姿勢戦略です。

上の様な姿勢になっている方が多いのですが

骨盤が後傾していて、腰が前に行ってしまっている様な状態になっています。

その状態というのが

先程股関節を引っ張ってくれる筋肉が働いていないと書いたのですが

この筋肉というのは、骨盤底筋と繋がっている為、出産をした際

骨盤底筋が弱り、繋がっているその筋肉も弱くなり股関節が

立っている状態で

若干抜けた様な状態になっているのが写真の姿勢の状態です。

なのでその、若干前に抜けた様な状態

そこからさらに股関節が動きすぎる為、歩く度に痛くなったり

立ち上がる際に痛くなっている方が多いです。

そんな状態なので

あぐらをかく動作や

凄く多いのですが、開脚をするなどの股関節を大きく動かす運動をする事によって

股関節がいっては行けない場所まで動いてしまい痛みが出ている方が多いです。

※多いですが全ての当てはまるわけではありません。

2、なぜ産後に足の付け根が痛くなったらどうするか?

なぜ痛くなるのか?の解説は上でしていったのですが。

では?痛くなってしまった時どうするか?

という所を説明させていただきます。

こちらも結論から言わせていただくと

・運動をしすぎない

・サポートしてあげる

今まで来ていただいた方を見ていて

ご自身でできる事はこの二つです。

運動をしすぎない

というのは、産後皆さん凄く焦っているのを感じます

骨盤を良くしたいとか、体型を戻したいとか

焦って、YouTubeを見てとかInstagramを見てとか

股関節を激しく動かす様な運動をして痛めた

という方が凄く多いです。

なので、youtubeとかInstagramとかの運動が悪いという話では無く

運動をやってみて、痛みが誘発される動きはやらない方が良いです。

無理をしないで下さいねという事が一つと。

サポートしてあげる

という所は

あぐらをかいて授乳をしていて痛かったという方も多くいらっしゃいます。

産後あぐら自体は良いとは思うのですが

あぐらの上に赤ちゃんを置くので

足の開きが矯正的に重みで広げられてしまう

なのであぐらの下にクッション等を置いて

サポートをしてあげる事が大事になります。

これだけでも股関節に負担をかける事が軽減されるので

お試し下さい。

以上になります。

お役に立てたら幸いです。

産前産後susumu整体院では産後の方へ専門的に股関節へのアプローチもしております。

まずはご相談下さい